« 64bit対応のCygwinセットアップとTeratermの設定 | トップページ | C++ でシリアル通信クラスを書いてみた »

2016/11/21

マネージコードで、propertyキーワードでgetter/setterを書く

#include <msclr/marshal_cppstd.h>

namespace Test_Project_001 {

    using namespace System;
    ....
    ....
    using namespace msclr::interop;

    /// <summary>
    /// MyForm の概要
    /// </summary>
    public ref class MyForm : public System::Windows::Forms::Form
    {
        // マネージコードでは、propertyキーワードでgetter/setterを書く
        property String^ mGetDate
        {
            String^ get(void)
            {
                // Cのchar* => C#のString
                return marshal_as<System::String^>(pCTime->m_GetDate);
//              return gcnew String(pCTime->m_GetDate);
            }
            void set(String^ value)
            {
                // C#のString => C++のstring, Cのchar*
                std::string s_cpp = marshal_as<std::string>(value);
                strcpy(pCTime->abc, s_cpp.c_str());
            }
        }
    }
}

« 64bit対応のCygwinセットアップとTeratermの設定 | トップページ | C++ でシリアル通信クラスを書いてみた »

VC++」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネージコードで、propertyキーワードでgetter/setterを書く:

« 64bit対応のCygwinセットアップとTeratermの設定 | トップページ | C++ でシリアル通信クラスを書いてみた »